Header image  
 
 
 



SEPTIC TANK

Septic Tank
ナパーム・デス、カテドラルとこれまで革命的なバンドに関わり、最近ではウィズ・ザ・デッドの活動で知られるヴォーカル、リー・ドリアンが新たに手掛けるハードコア/スラッシュ/クラインド・バンド、セプティック・タンク。
 リー・ドリアンは、エクストリーム・ミュージック界の帝王ナパーム・デスにヴォーカリストとして在籍、その後ナパーム・デス脱退後’90年にカテドラルを結成しました。カテドラルは、世界最速と謳われたナパーム・デスの音楽性とは全く違い、 ブラックサバスの現代解釈ともいえるドゥーム・メタルの先鋒として登場し、10枚のスタジオ・アルバムをリリース後2013年に解散しました。その後、リーは、ミュージック・レーベル、ライズ・アバヴを運営、個性的はバンドを発掘、育成し続けています。
 セプティック・タンクは、リーが1994年当時カテドラルのメンバーだったギターのギャズ、ベースのスコットと、元トラブルのドラマー、バリー・スターンと組んだプロジェクトで、カテドラルのリハーサルを地元コベントリーで行っている際に、暇つぶしのバンドとしてスタートしました。メンバー全員ディスチャージ等のハードコアの大ファンで、自分たちでこういったハードコア・ナンバーを作曲し、レコーディングしましが、この時レコーディングしたものは残っておらず、2011年に再度集結、バリーが2005年に他界したためドラマーにジェイミー“ゴメス”アレリャーノを迎え4曲をレコーディング、2012年にEP盤「SLAUGHTER EP」をリリースしました。 そして、2017年、フルレングス・アルバムの制作を始め、2918年4月にデビュー・アルバムをリリースします。
 リーが、超へヴィ級サウンドを聴かせるウィズ・ザ・デッドと並行して活動を続けるハードコア/スラッシュ/クラインド・バンド、セプティック・タンクを要チェック!!

SEPTIC TANK are :

リー・ドリアン(LEE) : VOCALS
ギャリー・ジェニングス(GAZ) : GUITAR
スコット・カールソン(SCOTT) : BASS
ジェイミー“ゴメス”アレリャーノ(GOMEZ) : DRAMS

****release information****

2018年4月13日リリース
 
Septic Tank ●「ロッティング・シヴィライゼーション」

QATE-10108
定価¥2,400+税 
歌詩、対訳、 解説付




ナパーム・デス、カテドラルとこれまで革命的なバンドに関わり、最近ではウィズ・ザ・デッドの活動で知られるヴォーカル、リー・ドリアンが新たに手掛けるハードコア/スラッシュ/クラインド・バンド、セプティック・タンク。
 旧友のギャズ、元レパルジョンのスコットが参加、ブルータル・アンド・キラー・アルバムがここに登場!!日本盤には、2012年に発表したEP「SLAUGHTER EP」を特別追加収録。




****トラックリスト****
1. セプティック・タンク(SEPTIC TANK)
2. フー?(WHO?)
3. ヴィクティマイズド(VICTIMISED)
4. ソーシャル・メディア・ホア(SOCIAL MEDIA WHORE)
5. ディヴァイド・アンド・コンク・アウト(DIVIDE AND CONK OUT)
6. トレジャーズ・オブ・ディジーズ(TREASURERS OF DISEASE)
7. ファックド(FUCKED)
8. ホワイトウォッシュ(WHITEWASH)
9. デス・ヴェイス(DEATH VASE)
10. ユー・ウォント・サム?(YOU WANT SOME?)
11. ディギング・・ユア・オウン・グレイヴ(DIGGING YOUR OWN GRAVE)
12. デンジャー・サインズ(DANGER SIGNS)
13. ウォーキング・アサイラム(WALKING ASYLUM)
14. ロスト・ヒューマニティ(LOST HUMANITY)
15. ネヴァー・ネヴァー・ランド(NEVER NEVER LAND)
16. セルフ-オブセスド(SELF-OBSESSED)
17, リヴィング・デス(LIVING DEATH)
18. ロッティン・エンパイア(ROTTEN EMPIRE)

日本盤ボーナス曲
19. フェイタル・エクリプス(FATAL ECLIPSE)
20. フォレスト・オブ・ボーンズ(FOREST OF BONES)
21. グロテスク・カヴィリー・オブ・マンカインド(GROTESQUE CAVALRY OF MANKIND)
22. ザ・スローター(THE SLAUGHTER)

 
(c)2018, Trooper Entertainment Inc. (JAPAN). all right reserved.