Header image  
 
 
 



ARMAGEDDON

Armageddon
10代の頃から、兄マイケル・アモット率いるアーチ・エネミーに参加し、そのギタリストとしての才能を遺憾なく発揮しているクリストファー・アモット。若い頃からギターを学び、今ではギターの講師をも行うという彼は、’11年アーチ・エネミーを正式に脱退し、自身の名前の付いたソロ・プロジェジェクトを本格始動させる。このソロ・プロジェクトではアーチ・エネミーの音楽性とは全く違う、ポップから、サイケデリック、アコースティック、ブルース・ロックなどクリスの幅広い音楽性を物語る独特の世界観を展開している。  アルマゲドンは、クリスがアーチ・エネミーに在籍していたころから手掛けていたバンド・プロジェクトであり、1997年にデビュー・アルバム「クロッシング・ザ・ルビコン」を発表。2000年の2ndアルバムでは、全編ノーマル・ヴォイスを採用。その作品リリース後、イン・フレイムスのオープニング・アクトで来日公演を行った。その後2002年に発表の3rdアルバムでは、クリス自身がヴォーカルをとった。  2014年にリリースされた12年振りとなる4枚目のアルバム「キャプティヴィティ・アンド・ディヴァウアメント」は、初期の作風に原点回帰し、全編にわたりクリスのアグレッシヴかつテクニカルなギター・プレイが炸裂、ヴォーカルもデビュー・アルバムの頃のデス・ヴォイスに戻った。  2015年ラウドパークにて、新生アルマゲドンのライブを披露。その流れで、クリスは、現メンバーでのデビュー・アルバムのリレコーディングを決意、2016年「クロッシング・ザ・ルビコン リヴィジテッド」がリリースされる。

ARMAGEDDON are :
クリストファー・アモット(CHRISTOPHER AMOTT):guitars  lead & rhythm guitar, extreme & clean backing vocals, keyboards
アントニー・ハマライネン(ANTONY HAMALAINEN):lead vocals Antony Hamalainen - extreme & clean vocals
ジョーイ・コンセプチオン(JOEY CONCEPCION):guitars Joey Concepcion - lead & rhythm guitar
アミト・ホシノ(AMITO HOSHINO):bass Andrew Pevny - bass
マートン・ヴェレス(MARTON VERESS):drums Marton Veress - drums, percussion & keyboards

****release information****

2016年10月5日リリース 【1st ALBUM 新録】

Crossing The Rubicon 2016
●Crossing The Rubicon Rivisited/QATE-10089 定価2,400円+税


マイケル・アモットの実弟、元アーチ・エネミーのクリストファー・アモット率いる自身のバンド、アルマゲドン。 ’97年にアーチ・エネミー在籍時にアルマゲドンを結成し、デビュー・アルバム「クロッシング・ザ・ルビコン」を発表。今回、その幻のデビュー・アルバムを現メンバーにてリレコーディング。さらには、クリスのソロ・アルバムに収録されていた楽曲Nothing Is Nothingをデス・ヴォイス。ヴァージョンでリレコーデイング。日本盤には未発表インストゥルメンタル楽曲を追加収録。



****トラックリスト***
1.2022(2022)
2.ゴッド・フォー・セイクン (GODFORSAKEN)
3.ザ・ジャッジャノート・ディヴァイン (THE JUGGERNAUT DIVINE)
4.アストラル・アドべンチャー (ASTRAL ADVENTURE(THE ESCAPE))
5.フューネラル・イン・スペース (FUNERAL IN SPACE)
6.アステロイド・ドミニオン (ASTEROID DOMINION)
7.ギャラクシーズ・アウェイ パート2(GALAXIES AWAY PT.2 (THROUGH THE WORMHOLE))
8.フェイスレス (FAITHLESS)
9.チルドレン・オブ・ザ・ニュー・サン (CHILDREN OF THE NEW SUN)
10.イントゥ・ザ・サン(INTO THE SUN)

日本盤ボーナストラック
11.ナッシング・イズ・ナッシング(NOTHING IS NOTHING)
12.フォービドゥン・ゾーン(FORBIDDEN ZONE)


2015年1月7日リリース 【4th ALBUM】

CAPTIVITY & DEVOURMENT ●CAPTIVITY & DEVOURMENT / QATE-10066 /定価2,400円+税

アーチ・エネミーを脱退した、マイケル・アモットの実弟クリストファー・アモットが自身のバンド、アルマゲドンを再編成し、4枚目となる12年ぶりの新作をリリース。 本作は、彼のソロ作品で見せたポップ、サイケデリック、アコースティックな音楽性とは違い、アグレッシヴかつ、プログレッシヴな作品に仕上がっており、ヴォーカルはデス・ヴォイスと自身が歌うクリーン・ヴォイスを併用しています。12年ぶりとなる通算4枚目の新作「キャプティヴィティ・アンド・ディヴァウアメント」は、全編にわたりクリスのテクニカルかつアグレッシヴなギター・プレイが炸裂、コンポーザーとして彼の能力が見事に発揮された作品に仕上がっています。

Armageddon
ARMAGEDDON (4th Album時メンバー) :
クリストファー・アモット(CHRISTOPHER AMOTT):guitars & vocals
マット・ハルクイスト(MATT HALLQUIST):lead vocals
ジョーイ・コンセプチオン(JOEY CONCEPCION):guitars
サラ・クラウディアス(SARA CLAUDIUS):bass
マートン・ヴェレス(MARTON VERESS):drums

****トラックリスト***
1. キャプティヴィティ・アンド・ディヴァウアメント(CAPTIVITY & DEVOURMENT)
2.ロックド・イン(LOCKED IN)
3.レンディション(RENDITION)
4.フュージティヴ・ダスト(FUGITIVE DUST)
5.コンクァー(CONQUER)
6.タナトロン(THANATRON)
7.バックグラウンド・レディエイション(BACKGROUND RADIATION)
8.ザ・ウォッチャー(THE WATCHER)
9.イコライザー(EQUALIZER)
10.ジャイアンツ(GIANTS)

日本盤ボーナストラック
11.ストーン・ワーカー(STONE WORKER))



 
 
           
(c)2014-2017, Trooper Entertainment Inc. (JAPAN). all right reserved.