Header image  
 
 
 



Jason Richardson  
Jason Richardson 新世代のギターシーンにおいて今最も注目される実力派ギタリスト、ジェイソン・リチャードソン。 その圧倒的テクニックと壮絶かつスリリングなギタープレイは世界中の若い世代から熱い支持を受けています。
  1991年7月7日生まれのジェイソンは、一部奨学金を受けてのバークレー音楽学院への入学が決まっていたにもかかわらず、高校3年、17歳の時、メタル・バンドAll Shall Perishのワールド・ツアーに同行するため学校を中退。 その後人気デス・コア・バンド、Born of Osiris、Chelsea Grinでの活動を経て、2015年にソロ・アーティストとしての活動を始動します。
2016年7月26日、ソロ・デビュー・アルバム「Ⅰ」をリリース。アルバムには名実ともに最強と言える元The Word Aliveのドラマー、ルーク・ホーランドをはじめ、ゲスト・ギタリストとしてリック・グラハム、ニック・ジョンストン、グラミー・ノミネートも記憶に新しいPeripheryのマーク・ホルコム、Arch Enemyのジェフ・ルーミス、Cry Venomのジャッキー・ヴィンセント等、多くの素晴らしいミュージシャンが参加。またうち2曲では、Peripheryのスペンサー・ソテロやVeil of Mayaのルーカス・マグヤーがヴォーカル・パフォーマンスを披露しています。
「Ⅰ」はBillboardのニュー・アーティスト/ヒート・シーカーズのチャートで1位、iTunesのRockチャートで2位、そしてiTunes総合チャートで11位を獲得。 レーベルのサポート一切無しで、世界へ向けインディペンデント・リリースされたアルバムは、リリースから1週間で7200ユニット以上の売り上げを記録します。
2017年には、人気プログレッシヴ・ギター・バンド、POLYPHIAの来日公演に同行し、東京と大阪で初来日ライブ。 このツアーではジェイソンのゲスト・ソロが話題を呼んだPOLYPHIAの名曲「Aviator」をライヴで再現しファンを熱狂させます。
2018年11月9日に亡くなったオリー・ハーバートに代わってAll That Remainsのツアーに参加。 高校生のころからバンドのファンだったという彼は、その後正式メンバーとしてバンドに加入します。
2019年、The Ernie Ball Music Manが本人とのコラボによるシグネチャーギター、Jason Richardson Cutlass Guitarをリリース。 日本でもギターファンの間で話題となります。
そして2022年、最強のパートナー、ルークホーランドを迎え、POLYPHIAのギタリスト、ティム・へンソンがゲスト参加した新曲「アップサイド・ダウン」のデジタル配信に続き、新曲第2弾「イシムラ」、新曲第3弾「プンバァチュウ」がデジタル配信されます。


****release information****

2022年5月7日リリース

デジタル・シングル   

プンバァチュウ(feat. ルークホーランド)
p00mbachu (feat. Luke Holland)



2022年3月26日リリース

デジタル・シングル   

イシムラ(feat. ルークホーランド)
Ishimura (feat. Luke Holland)



2022年2月19日リリース

デジタル・シングル   

アップサイド・ダウン(feat. ティム・ヘンソン & ルークホーランド)
Upside Down (feat. Tim Henson & Luke Holland)
 

 
(c)2022, Trooper Entertainment Inc. (JAPAN). all right reserved.