Header image  
 
 
 



ANGEL WITCH

Angel Witch  エンジェル・ウィッチは、NWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)の代表的なバンドであり、Kevin Heybourne(V0&G)によって1977年にロンドンで結成されました。1980年にBronze Recordsよりデビュー・アルバム「Angel Witch」をリリース。その後、解散、再結成を幾度も経験、Kevin以外のメンバーは流動的ながらも活動を続け、1985年に2ndアルバム「Screamin’ And Bleedin’」、1986年に3rdアルバム「Frontal Assault」、2000年に4thアルバム「Recurrection」をリリース。2009年には初来日公演を行いました。そして2012年3月、12年振り5枚目のニュー・アルバムがリリースされます。

ANGEL WITCH are :
ケヴィン・ヘイボーン(KEVIN HEYBOURNE) : VOCALS & GUITAR
ウィル・パーマー(WILL PALMER) : BASS
アンディ・プレスティッジ(ANDY PRESTIDGE) : DRUMS

ビル・スティアー(BILL STEER) : GUITAR

****release information****

2012年3月7日リリース
Angel Witch_5th ●「アズ・アバヴ・ソー・ビロウ」/QATE-10020  /定価2,625円
    PRODUCED by Jaime Gomez Arellano 歌詩、対訳、 解説付


非常にマニアックなバンドでありながら、数多くのへヴィ・メタル・バンドに影響を与えた伝説のバンド、エンジェル・ウィッチ。デビュー当初は、’80年代初期のブリティッシュ・へヴィ・メタル特有のアンダーグラウンド臭を放ち、悪魔主義を匂わすダークな音作り、叙情的なツイン・リード・ギターを擁するドラマティックな楽曲で話題を呼んだ彼等。ここに、2000年以来となる12年振り通算5枚目のニュー・アルバムが到着。より進化したエンジェル・ウィッチ・ワールドが体感できます。 ライヴでは、元カーカス、現ファイアバード、ジェントルマンズ・ピストルズのギタリスト、 ビル・スティアーが電撃参加します。
日本盤ボーナス・トラックとして、デビュー・アルバム「Angel Witch」に収録されていたDevil’s Towerのリメイク・ヴァージョンを収録。

****トラックリスト***
1.デッド・シー・スクロールズ(DEAD SEA SCROLLS)
2.イントゥ・ザ・ダーク(INTO THE DARK)
3.ガバーラ(GEBURAH)
4.ジ・オーラ(THE HORLA)
5.ウィッチング・アワー(WITCHING HOUR)
6.アポン・ディス・コード(UPON THIS CORD)
7.ギロチン(GUILLOTINE)
8.ブレインウォッシュド(BRAINWASHED)

日本盤ボーナス・トラック
9.デヴィルズ・タワー(DEVILS TOWER)

 
 
           
(c)2012-2017, Trooper Entertainment Inc. (JAPAN). all right reserved.